Meter Developer Grant Program Meter.io「メーター開発者助成金プログラム」日本語翻訳

ByCrypto-taro

Oct 29, 2023

Meter.ioには多くの種類の支援プログラムが存在します。

今回は「メーター開発者助成金プログラム」についての記事になります。

貴重な記事を提供していただいた。 ⚡Meter.ioチームの「AloMeter」さんには心より感謝いたします。 Aloさんのmedium🔗はこちら👈 

Meter Developer Grant Program Meter.io「メーター開発者助成金プログラム」日本語翻訳

Meter Developer Grant Program

Meterエコシステムは、金融インターネットをスケーリングし接続する高性能なインフラストラクチャです。現在の高性能なインフラストラクチャは、パフォーマンスの高いLayer 1の性能とMeter Passportの相互運用性ソリューションを備えています。このエコシステムは、成長の段階にあります。

私達はここに、すべての開発者、イノベーター、ビルダーに、Meterエコシステムの1000万ドルの「メーター開発者助成金プログラム」への参加を招待します。

使命:

金融インターネットの成長と普及を目指し、「メーター開発者助成金プログラム」は、インフラおよびツール、分散型アプリケーション、研究、教育の柱を通じてMeterエコシステムを共同で構築する革新的なビルダーと開発者を奨励することを意図しています。

アーキテクチャ:

このプログラムは、1000万ドルの助成金を複数のフェーズに分けて割り当てるように設計されています。

フェーズ1では、助成金の主な重点は分散型アプリケーションおよびインフラおよびツールの分野に置かれます。

分散型アプリケーションは、DeFi、NFT、DAO、ランチパッド、アイデンティティ、ゲーム、保険など、幅広いユースケースをサポートするプロジェクトです。私達は、ウェブ上で有用なサービスとユーティリティを提供することで、Meterエコシステムを活性化や強化させることを目指します。

インフラストラクチャおよびツールのプロジェクトは、他の開発者が必要とするツールとインフラストラクチャの開発をサポートすることを目的としています。これらのプロジェクトは、既存のギャップを埋めてツールのポートフォリオを増やし、ユーザーの利益を最大化することができます。ウォレット、ブラウザ、APIサービスなどが例です。

「メーター開発者助成金プログラム」の割り当ては、ケースバイケースで決定されます。

「メーター開発者助成金プログラム」のフェーズ1は、マイルストーンベースとなります。

ガイドライン:

助成金申請の一般的なガイドラインは以下の通りです:

アイデアは、展開の可能性を実証するために十分に研究またはテストされている必要があります。

プロジェクト申請は、助成金の提供後もMeterエコシステムへの長期的なコミットメントを実証し、Meterエコシステムに対する利益を明確かつ簡潔に概説する必要があります。

チームのデリバリーの実績やトラックレコードがあると望ましいですが、必須条件ではありません。

申請書には、助成金の提供に関連する技術的および経済的な詳細が含まれている必要があります。

プロジェクトコードは、展開後にオープンソース化される必要があります。

申請プロセス:

申請フォームに記入してください。 申請ガイドラインを考慮に入れ、意思決定を支援するために必要なすべての情報を共有してください。

審査とフィードバック

申請書を確認した後、プロジェクトについて議論し、ご質問にお答えします。

決定

申請の承認または拒否についてお知らせします。

オンボーディング

私達は、プログラムへあなたを歓迎をし、法的および資金面を確認し、マイルストーンの追跡を最終的に確定します。

フォローアップ

私達は、あなたのチームをサポートします。マイルストーンごとの進捗を追跡し、必要に応じてサポートを提供します。

「メーター開発者助成金プログラム」の申請フォームはこちらからご利用いただけます。チームは提出された申請書を申請を審査します。

フェーズ1のマイルストーンフレームワークは以下の通りです:

マイルストーン1:テストネット上でアプリをデプロイする

コードの完全性を示す テストプログラムの文書化および実装(ユニットテスト、統合テスト、ユーザー受け入れテスト)

マイルストーン2:アプリのデモとMeterコミュニティ向けのAMA等の活動

マイルストーン3:Meterコミュニティからユーザーフィードバックを収集する

マイルストーン4:詳細なドキュメンテーションおよび/または詳細なブログ投稿を提供する

マイルストーン5:アプリをMeterメインネットにデプロイする

マイルストーン6:採用とユーザー成長を促進するためのマーケティング

「メーター開発者助成金プログラム」のサポート

資金調達

すべての助成金はMeter Governance Token(MTRG)で支払われます。

プロジェクト開発の技術的なガイダンス

技術的な障壁や戦略的な意思決定を支援するガイダンス

ランチパッド

プロジェクトのIDOを支援を提供する

マーケティング&プロモーションのサポート

Twitter、Telegram、Medium、Discordなど、Meterのソーシャルメディアチャンネルを通じたマーケティングサポート

FAQ

助成金の提供範囲はどの程度ですか?アプリケーション申請ごとに制限がありますか?

いいえ、申請ごとに特定の制限やプロジェクトごとのキャップはありません。すべての申請はケースバイケースで審査されます。

助成金はどのように配布されますか?

すべての助成金はMTRG(Meter Governance)トークンで支払われます。Meterチームとプロジェクトチームの間での議論に基づき、支払いは一度だけ(デプロイ済みのプロジェクトの場合)または各個々のマイルストーンの完了と結び付けられる場合があります。

助成金委員会は誰から成り立っていますか?

パネルはMeterチームとMeterコミュニティの3人のメンバーで構成されます。一度だけの支払いの場合、パネルは作業が合意された通りに完了されたことを確認するために最終的に作業を確認します。マイルストーンベースの支払いの場合、パネルはそのマイルストーンに向けた進捗状況をレビューし、パネルの承認を得て、Meterはそのマイルストーンの合意された支払いを提供します。

助成金の承認後、Meterがどのような情報を開示しますか?

Developer Grant Program「メーター開発者助成金プログラム」に受け入れられた後、開発の進捗状況をコミュニティに公開し続けたいと考えています。そのため、プロジェクトの一部の詳細(アプリの名前、ウェブサイト、Meterからの資金提供額など)が公開されることが期待されます。

税金および法的な目的のために、承認されたチームのKYC(身元確認書類)が必要です。これは、運転免許証やパスポートの画像をMeterチームに非公開で提供することで行われます。

Meter.ioについて

Meterは、組み込みの暗号ネイティブの安定通貨である$MTRを持つDeFiインフラストラクチャです。HotStuffベースのPoSコンセンサスと$MTRG、Meterガバナンストークンを使用してブロックチェーン台帳を管理します。Meterは、Ethereumおよび他のパブリックチェーン向けの高度に分散化された高性能サイドチェーンとして機能します。

Translate »